本文へジャンプ

年中行事

1年の間に開催される年中行事のご案内です。

1月
新春初詣
(真言宗智山派別格本山高幡不動尊金剛寺-東京日野市)
厄除観音大護摩祈祷供
2月
新春お笑いイベント
3月
春彼岸
4月第4日曜日
お花見イベント
8月5日
施餓鬼法要
8月お盆明け
夕涼みコンサート
9月
秋彼岸
10月
報恩講
12月31日
二年まいり 除夜の鐘
随時
各種講演会開催

月例行事

毎月行われる月例行事のご案内です。

第2・4日曜日
6時: 朝まいり会(冬時間6時半)
10日・20日
13時半: 御詠歌の会
25日
9時: 写経の会
10時: 念珠の会

行事の内容

1月 厄除観音大護摩祈祷供

聖観音護摩法要

年初めに観音堂で行う大護摩供法要。様々な願いを一心に込め、老若男女、ご家族様のご参詣をいただきます。本尊、厄除聖観音菩薩に真言宗の秘法大護摩祈祷供を捧げます。
厄年の方々にも熱心なお祈りをいただき、晴れて新年をスタートいたします。

2月 新春お笑いイベント

新春お笑いイベント

この時期に毎年開催する新春お笑い行事。
笑門来福!
お客様に笑うことで健康でいてもらいたい、ストレスの緩和ともなればという思いで始めました。
過去9年は寄席を続けてまいりましたが、記念の10回目は企画改め、芸人によるものまねステージを開催しました。
次回企画にもご期待下さい。
またリクエスト、ご意見もお寄せ下さい。

4月 お花見イベント

お花見イベント

境内の枝垂れ桜が見頃を迎える頃、境内にて様々なイベントを行います。春陽気の中、色彩鮮やかにして降りそそぐかのような桜の花を堪能しながらお楽しみいただけます。
平成25年は大道芸のショーが開催され、賑やかな境内では総代役員によりポップコーンやわたあめが振る舞われました。

8月お盆明け 夕涼みコンサート

夕涼みコンサート

毎年、お盆の終りに本堂にて夜間コンサートを行います。荘厳な雰囲気の中で優しく奏でられる音色、そして堂内外に響く歌声に静かに耳を傾けながら、我が心が和まされます。それは心の中に生きるご先祖を偲ぶお盆最後のご供養となります。

10月 報恩講

報恩講

真言宗智山派で行われる報恩講は、真言宗中興の祖である興教大師覚鑁上人への報恩謝徳として行われていますが、この寺ではそれに限ることなく、もっと身近なもの、私たちそれぞれが日頃感謝すべきものを感じながら集う行事としております。

平成22年よりこの行事が始まり、平成25年からは奉納餅つき大会を行っております。
多くのこども達を含めご参加の皆さまに元気に餅つきをしていただき、客殿ではみんなで協力してお餅をこしらえ、日頃の感謝を込め仏さまに奉納します。

また、行事中には客殿にて守り本尊写仏のつどい、20文字写経の体験も並行して行われており、皆さまのお書きいただいた写仏、写経もともに奉納しております。

その後は食事会。和やかに手作りのお餅をいただきます。

やわらかい美味しいお餅を作るのって、意外と難しい。

毎月25日9時 写経の会

般若心経262文字の書写です。

経文には、聞く、読む、書く3つの功徳があると伝えられていますが、もっとも難儀である、「書くこと」の実践です。

日常を少しほど離れ、ゆったりと心を静め、そこにある経文をなぞります。
無心に素直に写す(いただく)。そこに写経の醍醐味があります。

※冬期(12月~3月)は除く

毎月25日10時 念珠の会

人は昔から、我が身と心も含め、事象を何一つ思い通りにすることのできない、小さな存在でした。如実、自分を知ることで、神仏への祈りが生じたのでしょう。

「融通念仏」の功徳ー大勢で念仏を唱えるほど自他のはたらきが繋がれ結びつき大きな功徳となるーの伝えにより「南無阿弥陀仏」と一心に唱え、供養あるいは祈りの心を込め、みんなで大きな念珠を回します。親鸞上人の仰られた大いなる他力本願、阿弥陀如来を念じます。

※冬期(12月~3月)は除く

今月の「言葉の力」

words-201911.png

優れた医師は
道端に薬草を見つける
本質を悟る人は
経験に無駄は無いと知る

言葉の力一覧

法事・年忌法要早見表

亡くなった年 本年回忌
平成30年 2018年 一周忌
平成29年 2017年 三回忌
平成25年 2013年 七回忌
平成19年 2007年 十三回忌
平成15年 2003年 十七回忌
平成9年 1997年 二十三回忌
平成5年 1993年 二十七回忌
昭和62年 1987年 三十三回忌

真福寺の法事について

厄年早見表

大厄(男性)

  • 24
    平成8年生
    (前厄)
  • 25
    平成7年生
    (本厄)
  • 26
    平成6年生
    (後厄)
  • 41
    昭和54年生
    (前厄)
  • 42
    昭和53年生
    (本厄)
  • 43
    昭和52年生
    (後厄)
  • 60
    昭和35年生
    (前厄)
  • 61
    昭和34年生
    (本厄)
  • 62
    昭和33年生
    (後厄)

大厄(女性)

  • 18
    平成14年生
    (前厄)
  • 19
    平成13年生
    (本厄)
  • 20
    平成12年生
    (後厄)
  • 32
    昭和63年生
    (前厄)
  • 33
    昭和62年生
    (本厄)
  • 34
    昭和61年生
    (後厄)
  • 36
    昭和59年生
    (前厄)
  • 37
    昭和58年生
    (本厄)
  • 38
    昭和57年生
    (後厄)
  • 60
    昭和35年生
    (前厄)
  • 61
    昭和34年生
    (本厄)
  • 62
    昭和33年生
    (後厄)

真福寺の厄除けについて

厄年は「数え年」を基準としています。

↑