本文へジャンプ

真福寺の寺宝

御本尊

御本尊(ごほんぞん)

阿弥陀如来(上品上生)

本尊雙龍一面(ほんぞんそうりゅういちめん)

室町時代後期から江戸時代初期の作と思われる。宮大工の彫りでなく、専門の彫師の作と思われる。一木彫り。

本尊雙龍一面

山門・山号額

山門・山号額(さんもん・さんごうがく)

山門は明治41年の建立で銅葦、総ケヤキ造りである。山号額は、当時の真言宗管長(明治35年~明治45年まで管長)瑜伽教如大僧正の揮毫である。

鬼のミイラ(おに)

戦前は鶴峰公園で木戸銭をとり一般に公開していた歴史が残っている。

過去取材・特集 /日本テレビ系放送 週刊サンケイ記事掲載

鬼のミイラ

聖観世音菩薩

聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)

鎌倉時代の作ともいわれている。諏訪三十三観音、諏訪百番札所、西十番ご詠歌は「光明のひかりみさはの観世音ゆくさきざきを照らしたまへや」

一寧一山禅師の書(いちねいいっさんぜんじのしょ)

学徳ともにすぐれた禅僧である。(宋の人)文保元年(1317)10月25日、71歳でなくなる。鎌倉時代の書である。

一寧一山禅師の書

普賢菩薩

普賢菩薩(ふげんぼさつ)

(絹本)
白像に乗り釈迦の右側に立つ脇土。理知、慈悲をつかさどる。

十六羅漢(じゅうろくらかん)

(絹本)
さとりをひらき、功徳のそなわった修行者。

十六羅漢

大国主神 大黒天

大国主神(おおくにぬしのかみ)大黒天

七福神の一。福の神。
タテ247cm×ヨコ150cm

涅槃像(ねはんぞう)

(絹本)
涅槃(一切の煩悩から解脱した不生不滅の境地)
タテ290cm×ヨコ132cm

涅槃像

今月の「言葉の力」

答えは過去に落ちている

進路を照らすヒントは
過去の事実のなかにある

言葉の力一覧

聖観音縁日護摩修行

法事・年忌法要早見表

亡くなった年 本年回忌
令和3年 2021年 一周忌
令和2年 2020年 三回忌
平成28年 2016年 七回忌
平成22年 2010年 十三回忌
平成18年 2006年 十七回忌
平成12年 2000年 二十三回忌
平成8年 1996年 二十七回忌
平成2年 1990年 三十三回忌

真福寺の法事について

厄年早見表

大厄(男性)

  • 24
    平成11年生
    (前厄)
  • 25
    平成10年生
    (本厄)
  • 26
    平成9年生
    (後厄)
  • 41
    昭和57年生
    (前厄)
  • 42
    昭和56年生
    (本厄)
  • 43
    昭和55年生
    (後厄)
  • 60
    昭和38年生
    (前厄)
  • 61
    昭和37年生
    (本厄)
  • 62
    昭和36年生
    (後厄)

大厄(女性)

  • 18
    平成17年生
    (前厄)
  • 19
    平成16年生
    (本厄)
  • 20
    平成15年生
    (後厄)
  • 32
    平成 3年生
    (前厄)
  • 33
    平成 2年生
    (本厄)
  • 34
    平成 1年生
    (後厄)
  • 36
    昭和62年生
    (前厄)
  • 37
    昭和61年生
    (本厄)
  • 38
    昭和60年生
    (後厄)
  • 60
    昭和38年生
    (前厄)
  • 61
    昭和37年生
    (本厄)
  • 62
    昭和36年生
    (後厄)

真福寺の厄除けについて

厄年は「数え年」を基準としています。

↑