本文へジャンプ

大寒波

陽気が暖かで穏やかであった諏訪地方の正月が終わり、

有難みを感じております。

1月も下旬を迎え、これほど辺りに残る雪の少ない冬もめずらしい。

 

しかし、ここ信州で冬を越すことが容易くないことは覚悟している。

 

強烈な寒波が迫っています。

天気予報では5年に一度の大寒波とも予測され、

とにかく大雪に気をつけよ、という各局の報道に対し、

厳しい冬がいよいよやってきたかという思いです。

 

大雪、凍結による交通、物流の機能が低下することが考えられるため、

妻は早めの買い物に出ました。

不必要な大量買い、買い溜めはやめてほしいとだけお願いしました。

報道に振り回されず、わが身に必要なものの必要量が把握できていればよい。

丈夫な家に、「機能しない余分」が多く生じていてはいけない。

地域の高齢者や身動きの不十分な方に意識を向けておかなくては。

 

お寺の境内、伽藍も雪に覆われるでしょう。

コツコツと皆様のお足元、ご本尊様の住まいを整えておきたいと思います。

 

生活地域の各世帯、各業者様のお心づかいやお知恵があって、

この冬、自然が運び起こす困難を皆が健康に乗り越えられますように。

事故、大事なきよう念じております。

                                合掌

 

IMG_0634

IMG_1437

冬の夜を灯す、参道に飾られたアイスキャンドル

月別一覧

今月の「言葉の力」

根の人幹の人枝の人葉の人花の人互いを必要として成り立っている

みんな違って
比べることはできない
欠かすことはできない
必要なバランス

言葉の力一覧

聖観音縁日護摩修行

法事・年忌法要早見表

亡くなった年 本年回忌
令和3年 2021年 一周忌
令和2年 2020年 三回忌
平成28年 2016年 七回忌
平成22年 2010年 十三回忌
平成18年 2006年 十七回忌
平成12年 2000年 二十三回忌
平成8年 1996年 二十七回忌
平成2年 1990年 三十三回忌

真福寺の法事について

厄年早見表

大厄(男性)

  • 24
    平成11年生
    (前厄)
  • 25
    平成10年生
    (本厄)
  • 26
    平成9年生
    (後厄)
  • 41
    昭和57年生
    (前厄)
  • 42
    昭和56年生
    (本厄)
  • 43
    昭和55年生
    (後厄)
  • 60
    昭和38年生
    (前厄)
  • 61
    昭和37年生
    (本厄)
  • 62
    昭和36年生
    (後厄)

大厄(女性)

  • 18
    平成17年生
    (前厄)
  • 19
    平成16年生
    (本厄)
  • 20
    平成15年生
    (後厄)
  • 32
    平成 3年生
    (前厄)
  • 33
    平成 2年生
    (本厄)
  • 34
    平成 1年生
    (後厄)
  • 36
    昭和62年生
    (前厄)
  • 37
    昭和61年生
    (本厄)
  • 38
    昭和60年生
    (後厄)
  • 60
    昭和38年生
    (前厄)
  • 61
    昭和37年生
    (本厄)
  • 62
    昭和36年生
    (後厄)

真福寺の厄除けについて

厄年は「数え年」を基準としています。

↑