本文へジャンプ

大寒波

陽気が暖かで穏やかであった諏訪地方の正月が終わり、

有難みを感じております。

1月も下旬を迎え、これほど辺りに残る雪の少ない冬もめずらしい。

 

しかし、ここ信州で冬を越すことが容易くないことは覚悟している。

 

強烈な寒波が迫っています。

天気予報では5年に一度の大寒波とも予測され、

とにかく大雪に気をつけよ、という各局の報道に対し、

厳しい冬がいよいよやってきたかという思いです。

 

大雪、凍結による交通、物流の機能が低下することが考えられるため、

妻は早めの買い物に出ました。

不必要な大量買い、買い溜めはやめてほしいとだけお願いしました。

報道に振り回されず、わが身に必要なものの必要量が把握できていればよい。

丈夫な家に、「機能しない余分」が多く生じていてはいけない。

地域の高齢者や身動きの不十分な方に意識を向けておかなくては。

 

お寺の境内、伽藍も雪に覆われるでしょう。

コツコツと皆様のお足元、ご本尊様の住まいを整えておきたいと思います。

 

生活地域の各世帯、各業者様のお心づかいやお知恵があって、

この冬、自然が運び起こす困難を皆が健康に乗り越えられますように。

事故、大事なきよう念じております。

                                合掌

 

IMG_0634

IMG_1437

冬の夜を灯す、参道に飾られたアイスキャンドル

迎春 戊戌年

あけましておめでとうございます。

2018年新春を迎えました。

平成の時代になり30年目、大きな節目の年です。

今年は一時代を顧みる年となりそうですね。

迎春

 

しかし、時は待ってはくれず、私たちは振り返ることで留まることなく、

そこから未来を拓き歩まなくてはなりません。

この先に信頼と希望をもって臨みたいものです。

 

人の善い志、取り組みの積み重ねがあるならば、

その行いと成果が大きかれ小さかれ、世を照らす「一灯」となります。

灯火の大きさを比較し、奢ることも卑下することもない。

自他ともにそれを信じ認めてこそ、「希望の源」となると思います。

時代の節目に、改めて勇気のもてる一年でありたいです。

 

お釈迦さまの言葉がこのようにあります。

『善を軽んずるなかれ 水の一滴でもやがて水瓶を満たす

  悪を軽んずるなかれ 小さな悪とて 一滴一滴が水瓶を満たす』

 

今年は戌年。戌年の守り本尊は阿弥陀如来です。

真福寺のご本尊の仏さまでもあります。

IMG_1082

お寺にお越しの際は阿弥陀さまにお参りし、心静かに手を合わせてみて下さい。

仏さまとのご縁を授かっていただきたいと思います。

 

仏さまに見守られながら、自分の志を大切に、人から授かった気持ちを大切に、

多くの人が力強く、また心穏やかに歩むことが出来ればと願います。

平成30年に安寧と希望、安心と成果がありますことをご祈念申し上げます。

                                  合掌

言葉の力一覧

法事・年忌法要早見表

亡くなった年 本年回忌
平成30年 2018年 一周忌
平成29年 2017年 三回忌
平成25年 2013年 七回忌
平成19年 2007年 十三回忌
平成15年 2003年 十七回忌
平成9年 1997年 二十三回忌
平成5年 1993年 二十七回忌
昭和62年 1987年 三十三回忌

真福寺の法事について

厄年早見表

大厄(男性)

  • 24
    平成8年生
    (前厄)
  • 25
    平成7年生
    (本厄)
  • 26
    平成6年生
    (後厄)
  • 41
    昭和54年生
    (前厄)
  • 42
    昭和53年生
    (本厄)
  • 43
    昭和52年生
    (後厄)
  • 60
    昭和35年生
    (前厄)
  • 61
    昭和34年生
    (本厄)
  • 62
    昭和33年生
    (後厄)

大厄(女性)

  • 18
    平成14年生
    (前厄)
  • 19
    平成13年生
    (本厄)
  • 20
    平成12年生
    (後厄)
  • 32
    昭和63年生
    (前厄)
  • 33
    昭和62年生
    (本厄)
  • 34
    昭和61年生
    (後厄)
  • 36
    昭和59年生
    (前厄)
  • 37
    昭和58年生
    (本厄)
  • 38
    昭和57年生
    (後厄)
  • 60
    昭和35年生
    (前厄)
  • 61
    昭和34年生
    (本厄)
  • 62
    昭和33年生
    (後厄)

真福寺の厄除けについて

厄年は「数え年」を基準としています。

↑