本文へジャンプ

教会

長崎佐世保の御寺院様の結婚披露宴にお招きいただき、

空いた時間に観光をするなか佐世保にある教会に行ってまいりました。

IMG_1335

キリスト教における礼拝、布教がなされている聖域です。

礼拝堂は特別な敷居を感じることはなく、神秘的空間の静寂に時を忘れ、

穏やかに佇むことができました。

IMG_1333

ご信徒やここを訪れる人々にとっての「心の拠り所」なのでしょう。

 

教会にイエス様がおられるように、お寺の本堂にはご本尊様がおられます。

ご本尊である仏さまには「誓願」があります。

 

人々の日常に寄り添い、

      ・ご本尊の誓願が説かれているか。

   ・仏さまおよび宗祖の教えが説かれているか。

   ・心の拠り所となっているか。

 

教会を訪れて感じたことは、仏と対話し寄り添える空間の大切さです。

仏さまとの対話とは、自身との対話になると思うからです。

お寺が人々の日常に寄り添い門戸を開くことで、

ご本尊のもとへも導線が引かれてなくてはならないと感じます。

                           合掌

愛語力

10月を迎えました。今年もあと三月。

お寺では四本のキンモクセイの花が咲き、境内は甘い香りが漂っています。

キンモクセイきんもくせい

 

さて、今月のHP言葉の力を『愛語力』としました。

菩薩が説く、仏道に導くための四つの行い、四摂法(布施、愛語、利行、同事)。

「愛語」とは、心のこもった慈愛の言葉です。

愛語について、道元禅師は『愛語よく廻天の力あり』と仰っております。

 

言葉は力を有し、意味や背景、浅深、表裏があり、

人から発せられた言葉には価値が生じます。

善意ある一言や褒め言葉を直接いただいた人は嬉しいものです。

人を介してその言葉を伝え聞いたときはなおさらです。

逆に、悪意ある言葉を聞いたときは辛いものでしょう。

 

一言が人を救い、勇気づける。

一言で人は悲しみ、傷つく。

思いやりをもって言葉を交わしたいものです。

 

愛語には生きる力、生かす力があります。

愛語は仏道、どなたにおいても欠かせぬものです。

訪れる季節に無心に咲く辺りの花達も愛語力に満ちています。

                          合掌

言葉の力一覧

法事・年忌法要早見表

亡くなった年 本年回忌
平成30年 2018年 一周忌
平成29年 2017年 三回忌
平成25年 2013年 七回忌
平成19年 2007年 十三回忌
平成15年 2003年 十七回忌
平成9年 1997年 二十三回忌
平成5年 1993年 二十七回忌
昭和62年 1987年 三十三回忌

真福寺の法事について

厄年早見表

大厄(男性)

  • 24
    平成8年生
    (前厄)
  • 25
    平成7年生
    (本厄)
  • 26
    平成6年生
    (後厄)
  • 41
    昭和54年生
    (前厄)
  • 42
    昭和53年生
    (本厄)
  • 43
    昭和52年生
    (後厄)
  • 60
    昭和35年生
    (前厄)
  • 61
    昭和34年生
    (本厄)
  • 62
    昭和33年生
    (後厄)

大厄(女性)

  • 18
    平成14年生
    (前厄)
  • 19
    平成13年生
    (本厄)
  • 20
    平成12年生
    (後厄)
  • 32
    昭和63年生
    (前厄)
  • 33
    昭和62年生
    (本厄)
  • 34
    昭和61年生
    (後厄)
  • 36
    昭和59年生
    (前厄)
  • 37
    昭和58年生
    (本厄)
  • 38
    昭和57年生
    (後厄)
  • 60
    昭和35年生
    (前厄)
  • 61
    昭和34年生
    (本厄)
  • 62
    昭和33年生
    (後厄)

真福寺の厄除けについて

厄年は「数え年」を基準としています。

↑