本文へジャンプ

この夏の記憶

こども達の長かった夏休みが終わります。

夏休み中、植物への水やり当番に一緒に学校へ行き、息子のホウセンカを見つけると、

それは一際小さく、他の子たちのホウセンカの成長の影に隠れて気が付かないほどに

極端に小さく、唖然としてしまいました。

IMG_7522

息子に聞くと、夏休み前は遊びほうけて水やりをほとんどしなかったとのこと。

それでも不思議と枯れていないのは、おそらくクラスの担任先生とお友達のお陰。

夏休みの終盤に再度観察に行くと、相変わらず小さいままではあったものの、

とても小さなピンク色の花を咲かせていました。

大きく成長することはなくても、枯れなくてよかった。

 

観察をさぼっていた息子は、夏休み明けにホウセンカの並ぶ学校の中庭で

仲間と顔を合わせ、何かを感じてくれるだろうか。

 

 

盆入りの13日から強い雨が降り続きました。

雨の降るなかで諏訪のお寺様のお手伝いで地域の棚経にまわりました。

皆さん、口をそろえて、こんなお盆はなんて珍しいことかと仰っていました。

一方ではコロナウィルス感染の心配をされる家もあり、玄関先での読経になった家が

何件もありました。

 

夏の花火大会やお祭りはまったく行われず、毎晩、遠くで響く諏訪湖の花火の音だけは

家まで届いていました。

岡谷の夏の風物詩灯ろう流しは70年の歴史に幕を下ろし、送り盆の夜に湖畔に集い、

夏の終わりを告げる花火を見上げ、千の灯籠に故人を偲ぶことは叶いませんでした。

 

夏に映える浴衣姿を見かけることはほとんどなく、帰省した若者が旧交を温め

賑わう様子も、大勢の県外の方々が観光で諏訪に訪れることもありませんでした。

自身も家族連れで遠方に出向くことは諦めました。

 

仕方がないことです。

なぜ?どうして?に対する答えは、

これは仕方がないことなんだと理解できる一方で、

何か得体のしれない変革が迫っているような、気味の悪さを感じさせられるのです。

しかも、対峙すべき対象がはっきりとわからない不安や怖さ。

人なのか、自然なのか。内なのか外なのか。

 

そんな矢先、お盆中に続いた大雨により、全国各地で何件もの土砂災害が発生しました。

この地域に15日未明に発生した土石流が家屋を襲い、尊い命が失われてしまいました。

未来あるこどもの命、子の成長を生き甲斐にしていたはずの母親の命。

尊い家族を失い、残された遺族がどれほど辛く悲しい思いをしているのか。

この不運による悲しみはどれだけ時間をかけたら癒えるのだろうかと想像すると、

それを察するにあまりあります。

 

人は人のつながりによって支えられ救われていく生きものであるのならば、

どうかお近くの方、お仲間が救いの声をかけていただけたらと願います。

「かける言葉も見つからない」

これも誠に正直な気持ちかもしれませんが。

 

いつか悲しみが癒えて、御霊が安らかな眠りにつかれますことを願います。

 

明日からこども達は学校の新学期を迎え、約一カ月ぶりの登校が始まります。

大きく何かが変わってしまった世のなかにも、変わっていくようにみえる自然界にも、

今までと変わりのない日常を迎えられることに感謝いたします。

 

仲間と顔を合わせ、何かを感じてくれるだろうか。

一際小さなホウセンカに花がついたことにも。

                      合掌

 

 

2021境内の蓮

IMG_7440

この夏境内に咲いた蓮の花

お盆中も雨のなか咲いてくれました

静かにお盆を過ごす

記事内容の法要は大雨災害と今後の天候を理由に中止となりました

1951年より70回の開催を数え、岡谷の風物詩として心の拠り所とされてきた

湖上灯ろう流しが、その歴史に幕を下ろしました。

今年、岡谷市仏教会(須藤翠厳会長‐久保寺御住職)が大切なご供養を受け継ぎ、

日時場所を同じくして厳かに心静かに法要を営みます。

 

30基の灯篭が祀られます。

灯篭の3面には地元のこどもが絵を描き入れてくれており、残る一面には、

僧侶が供養を受け付けて戒名などを筆入れします。

 

塔婆を焚きあげて大きな送り火とします。

同じくご供養を受け付けて僧侶が筆入れします。

 

どなたもご来場いただき、お焼香をすることができます。

湖上に流れる精霊船を眺めながらご供養下さい。

 

また、夜空には夏の終わりを告げ、故人を送る花火があがります。

今は亡き大切な人を思い浮かべながら、みなともに心静かにお送りをいたしましょう。

 

真福寺では、先日、ご新盆さんの家のこどもがお父さんお母さんとお越し下さり、

灯篭の絵入れをしてくれました。

描かれたこども達それぞれの絵は特別な温かみに溢れていて、なんとも心安らぎます。

送り盆の夜に、きっとよい精霊供養ができるものと思っております。

 

8月16日(月) 午後7時より 岡谷釜口水門近くの湖畔公園にて

ご新盆の皆様をはじめ、どなたも連れ添ってお参りに起こし下さい。

この夏の終わりに、同時にみなさまには歴史をつないでいただけそうです。

                                 合掌

IMG_7422

みなさま、今年のお盆はどのようにお過ごしになられますか。

家族親戚集って例年通りというわけにはいかない寂しさもお察しします。

できる範囲、お心を伝えられる範囲でよいのだと思いますよ。

ご先祖さまの供養の支度を整えてまいりましょう。

 

盆に向けての支度と心得

ご家庭にてお盆の準備がすすめらていると思います。

盆前にあわてることなく、今から少しずつ家内、お墓などを清め整えていただき、

安心してご先祖さまをお迎え下さい。

盆の準備にお迷いの方は次を参考までにご覧ください。

 

ご自宅での迎え盆とご供養

◆精霊棚
 お盆の飾り付けには精霊棚と盆提灯などがあります。

 ※丁寧にはお仏壇から位牌を取り出し、お仏壇前に改めて精霊棚を設けて飾りつけ、

  そこに位牌をおいて供養する形、地域によりしきたりがあります。

  しかし「絶対のカタチ」ではございません。 多少負担ともなりますので、

  常日頃の通りにお仏壇にて礼拝し供養差し上げることでも充分なのです。

 

◆盆供
 お盆のお供え物、供物のことを「盆供」と言います。

 お盆に行う供養のことも同じく盆供と呼びます。

 

◆迎え火と送り火
 お盆の入り(8月13日 ※異なる地域有り)には、

「ご先祖様が迷わずに帰って来られるように」という気持ちをもって、

玄関前を照らすよう迎え火を焚きます。

お盆さまお盆さま この明かりでおいでなしておいでなして♪

 お盆明け(8月16日 ※異なる地域有り)には、

ご先祖様を丁寧に送り出すために玄関前で送り火を焚きます。

お盆さまお盆さま この明かりでお帰りなしてお帰りなして♪

(諏訪地方は白樺の皮を焚いているご家庭が多いです。)

 

◆飾りつけとお供えもの

◎精霊棚

 お盆に用いられる祭壇 

(前述のとおり、お仏壇を丁寧に整えていただければ充分ですよ。)

◎盆花

●精霊棚の網に逆さに吊るす花  代表的なもの:ほおずき

(花瓶で綺麗な仏花を供えることで充分ですよ) 

●禊萩(みそはぎ)の葉を束ねてお供えする 代表的な盆花のひとつです。

  盆供、飾りの清めに使われていたことから、ミソギハギとも呼ばれていた。

  実際に萩に綺麗な水をつけて祭壇、仏壇、盆供のお清めに使っております。

  ※丁寧には、蓮の葉に水を注ぎ、ナスやキュウリを細かく刻んだもの

   (精霊および餓鬼への施食)を添え、そこに禊萩を供えます。

   (綺麗な器にお水を注ぎ、そこに萩を供えていただくことでも充分ですよ)

◎馬と牛

 お位牌の前に供えます。

 馬はきゅうりで作ります。早くお家に帰ってきて下さいとの気持ちをもって供えます。

 牛はナスで作ります。ゆっくり過ごして下さいとの気持ちをもって供えます。

 (それぞれの足は割り箸を用いていただけたら充分ですよ)

bon-kyuurinasu[1]

◎盆提灯

 お盆のみに飾られます。※新盆は白提灯が主です。

 ご先祖様を迷わす迎えるための灯りです。

 

毎日暑いなかですので、みなさんがお体を悪くせず元気であることにより、

ご先祖さまに安心していただくことが第一です。

体調、健康に気をつけてお過ごし下さい。

ご心配なことなどお有りでしたら、遠慮なくお寺にご相談下さい。

真福寺施餓鬼供養法要(動画付)

IMG_7354

8月5日10時より施餓鬼供養法要が勤修されました。

境内は美しい蓮の花が咲き、皆さんを迎えてくれました。

ご参列の皆様におかれましては、大変な暑さのなか、しかも長時間の

法要でありましたので、体には堪えたと思います。

誠にお疲れ様でございました。

これより迎えるお盆を大切にお過ごしいただきたいと思います。

とりわけ新盆の皆様におかれましては、故人の声無きお寂しいお盆となりますが、

どうぞ心をかたちにしていただき、穏やかに御魂をお迎え下さいませ。

                               合掌

 

総代役員様が法要の様子を動画編集して下さいました。

ぜひご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=tMXDe83AMvA

2021年8月の「言葉の力」

words-202108.png

お盆の供養に仏心が灯る
有縁無縁の隔てなく合掌を

月別一覧

今月の「言葉の力」

words-202108.png

お盆の供養に仏心が灯る
有縁無縁の隔てなく合掌を

言葉の力一覧

聖観音縁日護摩修行

法事・年忌法要早見表

亡くなった年 本年回忌
令和2年 2020年 一周忌
令和1年 2019年 三回忌
平成27年 2015年 七回忌
平成21年 2009年 十三回忌
平成17年 2005年 十七回忌
平成11年 1999年 二十三回忌
平成7年 1995年 二十七回忌
平成1年 1989年 三十三回忌

真福寺の法事について

厄年早見表

大厄(男性)

  • 24
    平成10年生
    (前厄)
  • 25
    平成9年生
    (本厄)
  • 26
    平成8年生
    (後厄)
  • 41
    昭和56年生
    (前厄)
  • 42
    昭和55年生
    (本厄)
  • 43
    昭和54年生
    (後厄)
  • 60
    昭和37年生
    (前厄)
  • 61
    昭和36年生
    (本厄)
  • 62
    昭和35年生
    (後厄)

大厄(女性)

  • 18
    平成16年生
    (前厄)
  • 19
    平成15年生
    (本厄)
  • 20
    平成14年生
    (後厄)
  • 32
    平成 2年生
    (前厄)
  • 33
    平成 1年生
    (本厄)
  • 34
    昭和63年生
    (後厄)
  • 36
    昭和61年生
    (前厄)
  • 37
    昭和60年生
    (本厄)
  • 38
    昭和59年生
    (後厄)
  • 60
    昭和37年生
    (前厄)
  • 61
    昭和36年生
    (本厄)
  • 62
    昭和35年生
    (後厄)

真福寺の厄除けについて

厄年は「数え年」を基準としています。

↑