本文へジャンプ

雨男

8月20日(火・友引)、天気曇り。

こどもの夏休み、ゆっくりと時間をとって遊びに連れていってあげられなかったので、

最終日となったこの日朝早く、白馬にある遊具付キャンプ場でのBBQに出発。

(スマホで天気確認:午前10時頃まで傘マーク有り)

 

午前9時頃、白馬到着と同時に雨が降り出しました。

炭に火がまわりBBQの準備が整った頃には大雨になり、遠くでは雷が聞こえ、

こどもは屋根下から一歩も出られず、誰が雨男で誰が雨女かと言い出し・・・。

 

せっかくの一日、どしゃ降りのなかでのBBQは可哀想だと思いながらも、

これも夏休みの記憶の一頁かと、白馬ひとつ屋根の下雨止むことを待ち望み、

カレーを作り、肉野菜などを焼きくつろぐことにしました。

(スマホで天気確認:えっ!午後5時頃まで傘マーク!?)

 

昼は午後1時を過ぎ、強い雨のまま。

食事を済ませた後は雨が止むことの希望を捨て、外で遊ぶ楽しみを諦めました。

わざわざここまで来たのになあと心のなかでつぶやき、雨に体を濡らしながら

車にBBQ道具を運び撤収。

 

午後2時前、予定より早くキャンプ場を出て、近くの温泉に入り着替えることに。

 

そこで目を疑うことが――

 

これで一日終わりかなと残念に思いながら、風呂で雨に濡れた体を洗い流し、

その後露天風呂に出ると、いままでの雨がすっかりと止んでいたのです。

空が明るくなってきている・・・天気とは天の気分か・・・。

 

順番は違いますが、

風呂を出て綺麗さっぱり着替えた後からキャンプ場に戻り遊ぶことにしました。

午後3時を過ぎ、やっと外に出られたこども達は水を得た魚の如く走り回り、

汗をかき、服を汚して遊ぶ様を見て、明らかに順番違うよなと思いながらも、

こどもはそんなこと気にしてないだろうと納得することにしました。

 

 

先々の楽しみ、行事やイベントがあると人は天気予報に一喜一憂。

しかしながら天気はその日になってみないとわからないもの。

その日のうちにも急に様子を変えるもの。

大いなる天の気まぐれ。

森羅万象は人に都合よく働いてくれるものではないのです。

上映中の映画『天気の子』のように、個人が意のままに日々の天候を操れたら、

きっと世界は欲求や生活バランスを大きく崩し、大変な事態が起こりますね。

 

不如意と知りながら、人は天に一喜一憂するのでしょう。

それはまだ「元気の子」な証拠。

             雨男合掌

お盆を迎え

早朝、辰野町の童謡公園に足を運びました。

池の蓮が綺麗に咲いています。

腰を下ろしてじっとこの一点を見つめていると、

浄土の世界を感じることができます。

 

今年もお盆がやってまいりました。

ご先祖様、亡き人を偲ぶひとときを大切にしてください。

お盆の始まりを思い、気持ち良く晴れた日の朝、まだ涼しいうちに出掛け、

蓮の花に有縁無縁のへだてなく供養を心を向けました。

IMG_3070

 

 

盆に向けての支度と心得

ご家庭にてお盆の準備がすすめらていると思います。

盆前にあわてることなく、今から少しずつ家内、お墓などを清め整えていただき、

安心してご先祖さまをお迎え下さい。

盆の準備にお迷いの方は次を参考までにご覧ください。

 

ご自宅での迎え盆とご供養

◆精霊棚
 お盆の飾り付けには精霊棚と盆提灯などがあります。

 ※丁寧にはお仏壇から位牌を取り出し、お仏壇前に改めて精霊棚を設けて飾りつけ、

  そこに位牌をおいて供養する形、地域によりしきたりがあります。

  しかし「絶対のカタチ」ではございません。 多少負担ともなりますので、

  常日頃の通りにお仏壇にて礼拝し供養差し上げることでも充分なのです。

 

◆盆供
 お盆のお供え物、供物のことを「盆供」と言います。

 お盆に行う供養のことも同じく盆供と呼びます。

 

◆迎え火と送り火
 お盆の入り(8月13日 ※異なる地域有り)には、

「ご先祖様が迷わずに帰って来られるように」という気持ちをもって、

玄関前を照らすよう迎え火を焚きます。

お盆さまお盆さま この明かりでおいでなしておいでなして♪

 お盆明け(8月16日 ※異なる地域有り)には、

ご先祖様を丁寧に送り出すために玄関前で送り火を焚きます。

お盆さまお盆さま この明かりでお帰りなしてお帰りなして♪

(諏訪地方は白樺の皮を焚いているご家庭が多いです。)

 

◆飾りつけとお供えもの

◎精霊棚

 お盆に用いられる祭壇 

(前述のとおり、お仏壇を丁寧に整えていただければ充分ですよ。)

◎盆花

●精霊棚の網に逆さに吊るす花  代表的なもの:ほおずき

(花瓶で綺麗な仏花を供えることで充分ですよ) 

●禊萩(みそはぎ)の葉を束ねてお供えする 代表的な盆花のひとつです。

  盆供、飾りの清めに使われていたことから、ミソギハギとも呼ばれていた。

  実際に萩に綺麗な水をつけて祭壇、仏壇、盆供のお清めに使っております。

  ※丁寧には、蓮の葉に水を注ぎ、ナスやキュウリを細かく刻んだもの

   (精霊および餓鬼への施食)を添え、そこに禊萩を供えます。

   (綺麗な器にお水を注ぎ、そこに萩を供えていただくことでも充分ですよ)

◎馬と牛

 お位牌の前に供えます。

 馬はきゅうりで作ります。早くお家に帰ってきて下さいとの気持ちをもって供えます。

 牛はナスで作ります。ゆっくり過ごして下さいとの気持ちをもって供えます。

 (それぞれの足は割り箸を用いていただけたら充分ですよ)

bon-kyuurinasu[1]

◎盆提灯

 お盆のみに飾られます。※新盆は白提灯が主です。

 ご先祖様を迷わす迎えるための灯りです。

 

毎日暑いなかですので、みなさんがお体を悪くせず元気であることにより、

ご先祖さまに安心していただくことが第一です。

体調、健康に気をつけてお過ごし下さい。

ご心配なことなどお有りでしたら、遠慮なくお寺にご相談下さい。

                                 合掌

2019年8月の「言葉の力」

words-201908.png

順調な時ほど 一考の余地を
不調の時には 一考の休息を
日々 立ち止まれる勇気

今月の「言葉の力」

words-201908.png

順調な時ほど 一考の余地を
不調の時には 一考の休息を
日々 立ち止まれる勇気

言葉の力一覧

法事・年忌法要早見表

亡くなった年 本年回忌
平成30年 2018年 一周忌
平成29年 2017年 三回忌
平成25年 2013年 七回忌
平成19年 2007年 十三回忌
平成15年 2003年 十七回忌
平成9年 1997年 二十三回忌
平成5年 1993年 二十七回忌
昭和62年 1987年 三十三回忌

真福寺の法事について

厄年早見表

大厄(男性)

  • 24
    平成8年生
    (前厄)
  • 25
    平成7年生
    (本厄)
  • 26
    平成6年生
    (後厄)
  • 41
    昭和54年生
    (前厄)
  • 42
    昭和53年生
    (本厄)
  • 43
    昭和52年生
    (後厄)
  • 60
    昭和35年生
    (前厄)
  • 61
    昭和34年生
    (本厄)
  • 62
    昭和33年生
    (後厄)

大厄(女性)

  • 18
    平成14年生
    (前厄)
  • 19
    平成13年生
    (本厄)
  • 20
    平成12年生
    (後厄)
  • 32
    昭和63年生
    (前厄)
  • 33
    昭和62年生
    (本厄)
  • 34
    昭和61年生
    (後厄)
  • 36
    昭和59年生
    (前厄)
  • 37
    昭和58年生
    (本厄)
  • 38
    昭和57年生
    (後厄)
  • 60
    昭和35年生
    (前厄)
  • 61
    昭和34年生
    (本厄)
  • 62
    昭和33年生
    (後厄)

真福寺の厄除けについて

厄年は「数え年」を基準としています。

↑