本文へジャンプ

お彼岸に思う

秋の彼岸、こどもを連れてご先祖さまのお墓に香を手向け、石塔を磨き、

手を合わせてまいりました。

我が家の先祖ならびに先代住職方が眠るお墓はお寺から100mほどの所にありますので、

お盆や彼岸以外にもたびたび訪れては草をとったり、花を手向けたりしております。

このお寺に住ませてもらっている我々は、これから先もお墓の世話をすることが

できるでしょう。

そして成長するこども達も、将来はきっとそうしてくれるものと信じています。

 

霊園をみると、お手入れのされていない聖地、石塔が増えております。

まさにこの様子を表すように、お檀家様や葬儀で関わった方などからは、

将来お墓をみる人がいないのだという話を聞くことが増えました。

実際に近年墓じまい、また仏壇じまいをされる方がいらっしゃいます。

 

現在、核家族化は実に全体の90%に迫り、且つ少子化が進み、

家内仏事の継承に大きな影響を及ぼしています。

お墓に関していうと、墓は家族で入るものという考え方は既に変わってきております。

それに伴い、お墓購入の選択肢も多様化し、家墓ではなく合葬思考が強まり、

永代供養墓、夫婦墓、特に樹木葬は需要があるそうです。

 

意志として家を継がない、墓を継がない、仏壇を継がない、

あるいは物理的に継げないという現実。

新時代を生きる私たちはこの先どうしたらよいのでしょうか。

幸せな未来の形とは、はたしてどのようなものなのでしょう。

 

世の中が変わるということは、生活における人の考え方や求め方も変わります。

死生観の変化もそのひとつにあります。

いままで長く大切にされてきた価値さえも変えるべきところは変わり、

変わらないことが尊いと思えるものは変えないで保つ。

その柔軟さが問われ、変化に頑なに逆らっては淘汰されてしまうものもあるでしょう。

私たちはとても難しい問題に直面しているのです。

 

お墓については最近こんな話がありました。

先々の自分達の墓を事前に備えておこうと、聖地区画を購入しておいたところ、

それを知ったこどもが、将来、お墓の掃除や維持が大変だから返してきてくれと。

私はおそらくこどもは遠く離れて暮らしているのだろうと考えお尋ねすると、

同じ町に住んでいるのだという返事を聞き驚きました。

 

後に残る人たちに迷惑や負担をかけまいとする考えは「終活」ブームを生みましたが、

残る人たちの考え方は決して一致しておりません。

施しともいえる終活が結果満足に至らないとなると本当に難儀なことです。

 

葬式仏教という言葉があり、お寺は人が亡くなってから行く処、

僧侶は人が亡くなってからがお仕事、という意味が含まれています。

しかし、この解釈のみとするならば大きな間違いです。

 

お寺は生きているうちに訪ね、仏教は生きている人が触れるべき教えなのです。

僧侶は多くの人と接して布教教化につとめながら、同時に人から多くの話を聞き、

将来のよい形をみなさんと一緒に考えるようにしなければなりません。

ご縁ある人たちと楽しいことも辛いことも共有するのが寺の在り方です。

 

後の人に迷惑をかけたくない、この一心で物事を決めてしまうこと。

面倒なことはしたくない、この一心で遠ざけて考えてしまうこと。

そこに「諦め」の感情が含まれているのなら、まだ決断は早いと思うのです。

お寺に是非お話をしに来ていただきたいと思います。

迷いがあれば慌てることなく話し合いと相談の機会をもって下さい。

 

お墓や仏壇は「心のバトン」です。

バトンを渡すべき人がいるのなら、その人に早くから心を伝える姿勢をもつことです。

子育て世代の方には、お墓参りはこどもと一緒に行くことをお薦めします。

出来る限り仏事をともにすることをお薦めします。

なぜなら、心のバトンとは、ある時突然に渡せるものではないのですから。

日頃の供養は、自分達を養うことでもあり、生きる力そのものです。

                                  合掌

IMG_4529

慈しみ

秋の風を感じるようになりましたね。

朝、庭にいると鳥に追われる蝉を見かけます。

夏場に懸命に鳴いた蝉たちの最期。

 

強いものが弱いものを喰らう。

生きる為の世の常、大自然の掟とも言えます。

 

能力高く、知恵をもつ人間も生きるために毎日のように

多くの命をいただいています。

知恵をもつことで大自然を自分達の都合に合わせて活用し変化させ、

豊かな暮らしを手に入れた人間は、まさに強者の立場にあり、

なお進化を図ろうとしています。

 

インターネット社会となって久しく、人対人は直接的接点をもつ必要がなくなりました。

コロナ渦にある今、オンライン機能を充実させた新たなビジネススタイルや

コミュニケーションシステムが普及し、令和の世はこのような社会に加速して

向かうのだと疑いありません。

まさに、歴史上災い転じて進化し続けてきた人間の強さと感じております。

 

しかし一方でコロナ渦に感じたことは、人間の「目に見えぬもの」に対する恐れです。

目に見えぬものによる支配により、人は人を責めるようになり、許さなくもなりました。

目に見えぬ恐怖から生まれた傷つけ合いは「人間の弱さ」です。

 

インターネットの普及によって人は匿名で言葉を発信することを許されるようになり、

インターネット上は名もなき人の言葉に溢れています。

その膨大な言葉たちは、建設的な議論やポジティブなメッセージもあれば、

一方で大変ネガティブな内容が蓄積されているという事実があります。

そのひとつが、匿名による個にむけた攻撃です。

悪しき言葉がさらに強い攻撃性をもつ言葉を呼び、大きな塊となって個を攻め続け、

とことんまで弱らせていったその先に悲劇があります。

 

自分を見えぬものとして人に力を加え、結果傷つけることも弱さです。

 

攻められて苦しむ側にとって、相手が見えないことは恐怖でしかなく、

目に見えぬ恐怖という点では、ウィルスと一緒です。

姿形を変えて拡がり、理なく侵入するウィルスそのものです。

 

新型コロナウィルスが拡がりをみせ、人の生活を変え始めた頃、

多くの人は口をそろえてこう言いました。

『私たちに気づきをもとめている

『私たちは試されている』

 

地球はひとつの生命体です。

大きな生命体に共存する人間は、目に見えぬものに等しく恐怖を覚えました。

人はきっと弱い生き物。誰も一緒だと思います。

 

恐怖を受ける側の気持ちや痛みを、きっと理解できるはずなのです。

人の言葉は人を通じて生き続けます。

私たち自身が目に見えぬ恐怖の存在になってはいけません。

 

真言宗は、地球さらには大宇宙という生命体を大日如来と捉えております。

仏法は遥かにあらず、万事には気づきがあるものです。

そして、常に試されていると思って間違いありません。

 

人の世を豊かにする更なる進化に潜む新たな恐怖や悲しみを生まないこと。

それは私たち一人ひとりの仏性、思いやりの心ひとつです。

次の写真は平成25年4月に篤信のお檀家様より、

先祖代々菩提の為に寄贈いただいた参道の石碑です。

                             合掌

IMG_4109

10月日曜仏教会のご案内-終了しました

真福寺日曜仏教会にお越し下さい。

10月4日(日) 14時~15時30分 

毎月第一日曜日14時 月替わりの内容で仏教を身近に触れる機会

10月は密教瞑想体験

『月輪観(がちりんかん)』

定員12名

IMG_1916

参加希望の方は事前にご連絡下さい。

お待ち申し上げます。

img003

座の姿勢に不安な方は腰かけを使用していただきます。

安心してお越し下さい。

2020年9月の「言葉の力」

words-202009.png

言葉は人の心を通じて
伝染を繰り返し
良きことは 良きままに
悪しきことは 悪しきままに
いつかは発された処に還る

今月の「言葉の力」

words-202009.png

言葉は人の心を通じて
伝染を繰り返し
良きことは 良きままに
悪しきことは 悪しきままに
いつかは発された処に還る

言葉の力一覧

法事・年忌法要早見表

亡くなった年 本年回忌
令和1年 2019年 一周忌
平成30年 2018年 三回忌
平成26年 2014年 七回忌
平成20年 2008年 十三回忌
平成16年 2004年 十七回忌
平成10年 1998年 二十三回忌
平成6年 1994年 二十七回忌
昭和63年 1988年 三十三回忌

真福寺の法事について

厄年早見表

大厄(男性)

  • 24
    平成9年生
    (前厄)
  • 25
    平成8年生
    (本厄)
  • 26
    平成7年生
    (後厄)
  • 41
    昭和55年生
    (前厄)
  • 42
    昭和54年生
    (本厄)
  • 43
    昭和53年生
    (後厄)
  • 60
    昭和36年生
    (前厄)
  • 61
    昭和35年生
    (本厄)
  • 62
    昭和34年生
    (後厄)

大厄(女性)

  • 18
    平成15年生
    (前厄)
  • 19
    平成14年生
    (本厄)
  • 20
    平成13年生
    (後厄)
  • 32
    平成 1年生
    (前厄)
  • 33
    昭和63年生
    (本厄)
  • 34
    昭和62年生
    (後厄)
  • 36
    昭和60年生
    (前厄)
  • 37
    昭和59年生
    (本厄)
  • 38
    昭和58年生
    (後厄)
  • 60
    昭和36年生
    (前厄)
  • 61
    昭和35年生
    (本厄)
  • 62
    昭和34年生
    (後厄)

真福寺の厄除けについて

厄年は「数え年」を基準としています。

↑