本文へジャンプ

2017年4月の「言葉の力」

今日の自分は一度きり

誰もが例外なく
戻ることのない「いま」を
積み重ねている

彼岸供養

今年の春彼岸は、お中日の寺行事「春彼岸のつどい」に参加された皆様と

腕輪念珠づくりを楽しみました。

腕輪念珠づくりの醍醐味は、シンプルな手作り感を味わう楽しみと、

楽しいひとときのなかにある、ほどよい緊張と『専心』だと思います。

そしてオリジナルの念珠の出来上がりは嬉しいものです。

 

自身、過去にひとつの腕輪念珠(頂きもの)を大切に

何年も身につけておりましたが、とある宿泊先で失くしてしまったことがあります。

残念であり、以来、腕輪念珠はつけておりません。

最近では、老若男女多くの方が腕輪念珠をつけているのを見かけます。

なかには大切に肌身離さず、という方もいるのでしょう。

 

腕輪念珠づくりは自分の為のものでなくてもいいのです。

あの人のために、ご家族のために、そして大切な亡き人のために。

心込めて作ったものを亡き人のもとにそっとお供えしておくことも良いことです。

 

穏やかに進める手作りのなかに、誰かを想う。想像する。

その「想う」という行為こそが供養になると思います。

手にしたものがお念珠であれば、きっと安心と功徳もあることでしょう。

                             合掌

お別れの季節に

卒業式を迎える時期となりました。

良き友や恋する人との別れ、先輩後輩との別れ、師との別れ。

愛別離苦と感じる人もいれば、その逆も然り。

 

教員や保育士の人事異動を新聞掲載に知り、我が子がお世話になった先生方との

親としての別れもここにあります。

それが仕事だから、と言われればそれまででしょうが、

こどもを親とは違う視点で観察しながら、見守ってくださっていた先生方には、

感謝を伝えてお別れしたいものです。

 

「仰げば尊し」という曲。

今では卒業式に歌う学校は少ないようですね。

先生から成長させてもらったのは、ともに過ごしたこどもだけではなく、

親としてもいくつも「気づき」をいただきました。

日々かけていただいた言葉や文章によるメッセージなど。

去られる先生方には、まだ幼いこどもに代わって親が感謝申し上げなくては。

                                 合掌

2017年3月の「言葉の力」

不退転

卒業の季節 別れの時
自分の進路を固く信じて
歩む力 生きる力を

今月の「言葉の力」

今日の自分は一度きり

誰もが例外なく
戻ることのない「いま」を
積み重ねている

言葉の力一覧

法事・年忌法要早見表

亡くなった年 本年回忌
平成30年 2018年 一周忌
平成29年 2017年 三回忌
平成25年 2013年 七回忌
平成19年 2007年 十三回忌
平成15年 2003年 十七回忌
平成9年 1997年 二十三回忌
平成5年 1993年 二十七回忌
昭和62年 1987年 三十三回忌

真福寺の法事について

厄年早見表

大厄(男性)

  • 24
    平成8年生
    (前厄)
  • 25
    平成7年生
    (本厄)
  • 26
    平成6年生
    (後厄)
  • 41
    昭和54年生
    (前厄)
  • 42
    昭和53年生
    (本厄)
  • 43
    昭和52年生
    (後厄)
  • 60
    昭和35年生
    (前厄)
  • 61
    昭和34年生
    (本厄)
  • 62
    昭和33年生
    (後厄)

大厄(女性)

  • 18
    平成14年生
    (前厄)
  • 19
    平成13年生
    (本厄)
  • 20
    平成12年生
    (後厄)
  • 32
    昭和63年生
    (前厄)
  • 33
    昭和62年生
    (本厄)
  • 34
    昭和61年生
    (後厄)
  • 36
    昭和59年生
    (前厄)
  • 37
    昭和58年生
    (本厄)
  • 38
    昭和57年生
    (後厄)
  • 60
    昭和35年生
    (前厄)
  • 61
    昭和34年生
    (本厄)
  • 62
    昭和33年生
    (後厄)

真福寺の厄除けについて

厄年は「数え年」を基準としています。

↑