本文へジャンプ

先達

暖かい日が続き、辺りの雪解けがすすんでおります。

季節は雨水が過ぎたことを実感でき、春の気配を感じ始めます。

 

2月15日は、三仏忌のひとつ、お釈迦さまのご命日であり、

多くの仏教寺院で涅槃会、報恩謝徳の法要が営まれ、

ご法事でもお釈迦さまについて触れさせていただいております。

 

先日、お檀家様の年回忌法事の際のこと。

御家の90歳近いおじいさんが色々なお話を聴かせて下さいました。

その歳には見えず、よく話され、とてもお元気な方です。

このくらいお歳を召されている方とお話をすると、結構な頻度でこう仰います。

ご家族みんなの前で、私にこう言うのです。

『わしゃ、もういつ迎えに来てもらってもいい。そしたら頼むでな。』

 

いやいや失礼ですが、お体も達者、おしゃべりも達者です。

ご家族みなさまも笑っているではないですか。

この様子に、お幸せな方だなあと感じます。

 

これまでに多くの苦労があったことをお話して下さいました。

10数年前、就寝中に土砂災害に遭い、家が全壊したこと。

災害時、ベットで寝ていたことが功を奏し、命が助かったこと。

災害後は、十年以上奥様を介護し、ともに過ごしたこと。

 

他にもたくさん語られました。

若い頃より苦労するなかでも、大切にしてきた仕事のこと、仲間のこと。

おじいさんは若い時分の性分、尖っていたところがあったようですが、

多くの人と付き合い揉まれたおかげで、角が取れ丸くなれたと言います。

 

災害で家は全壊するも、早急に多くの仲間が集い、厚く支援して下さり、

生活の危機を救ってもらい、日常を取り戻したのだそうです。

多くの人とお付き合いしてみること、人生には仲間が大切であることを

経験をもって話して下さいました。

 

自分がどう生きてきたかは、窮地に立たされた時に試されるのでしょうね。

 

『わしゃ、もういつ迎えに来てもらってもいい。』

 

命は天寿です。

その名のとおり、授かりものです。

お釈迦さまは「人生不如意」を説き、命はどう尽きるかはわからないといいます。

おじいさんほどのお気持ちになれる方というのは、

「生きることの難しさ」や「命の尊さ」を感じざるを得ないほどの

苦労を十分に体験され、身心には深い感謝の念が刻まれており、

おそらく今の平穏に満ちているのだと思います。

 

こういう方を「先達」というのですね。

 

そして、多くの苦労を体験し、縁や命の尊さに気づき、感謝に溢れ、

すでに捉われはなく、他愛に溢れ、

動揺することもなく心穏やかであることを、

「涅槃」ともいうのでしょう。

 

次の機会におじいさんにお会いした際も、

また元気なお姿で、そしていろんなお話が聴かせてもらえると幸いです。

                             合掌

月別一覧

今月の「言葉の力」

手にしたものを放さねば新たなものは掴めない

変化を恐れず手放すこと
孤独を恐れず離れること
器をいっぱいにしないこと

言葉の力一覧

聖観音縁日護摩修行

法事・年忌法要早見表

亡くなった年 本年回忌
令和3年 2021年 一周忌
令和2年 2020年 三回忌
平成28年 2016年 七回忌
平成22年 2010年 十三回忌
平成18年 2006年 十七回忌
平成12年 2000年 二十三回忌
平成8年 1996年 二十七回忌
平成2年 1990年 三十三回忌

真福寺の法事について

厄年早見表

大厄(男性)

  • 24
    平成11年生
    (前厄)
  • 25
    平成10年生
    (本厄)
  • 26
    平成9年生
    (後厄)
  • 41
    昭和57年生
    (前厄)
  • 42
    昭和56年生
    (本厄)
  • 43
    昭和55年生
    (後厄)
  • 60
    昭和38年生
    (前厄)
  • 61
    昭和37年生
    (本厄)
  • 62
    昭和36年生
    (後厄)

大厄(女性)

  • 18
    平成17年生
    (前厄)
  • 19
    平成16年生
    (本厄)
  • 20
    平成15年生
    (後厄)
  • 32
    平成 3年生
    (前厄)
  • 33
    平成 2年生
    (本厄)
  • 34
    平成 1年生
    (後厄)
  • 36
    昭和62年生
    (前厄)
  • 37
    昭和61年生
    (本厄)
  • 38
    昭和60年生
    (後厄)
  • 60
    昭和38年生
    (前厄)
  • 61
    昭和37年生
    (本厄)
  • 62
    昭和36年生
    (後厄)

真福寺の厄除けについて

厄年は「数え年」を基準としています。

↑