本文へジャンプ

寺族日記

ご用心下さい。

今年の諏訪の夏は雨がほとんど降らず、毎日暑い日照り続き。

外での仕事がはかどるのは、まだ幾分か涼しい早朝の短い時間。

 

朝、墓地に出掛けると、石塔の掃除、周囲の草取りをしている檀家様をお見かけします。

先祖を祀る場を綺麗に整え、いよいよお盆を迎える支度ですね。

お檀家様の供養のお心が表れる姿に、こちらも和まされます。

 

 

お寺の境内は、7月の下旬から早くも百日紅が開花。

季節の花の便りと思い、写真に収めております。

IMG_0886

 

さて、境内の季節の便りと思い、美しいものに目を向けておりましたが、

周囲を見渡せば良い知らせばかりではありません。

先日、施餓鬼法要があった日の午後、供養塔婆を受け取りに来られた檀家様が、

この境内で蜂に顔を刺されたと聞きました。

 

住職、総代様がさっそく辺りを調べても蜂の巣はなかったそうです。

 

 

ある朝、鐘を撞いていると山門付近に蜂が飛ぶ姿を見かけました。

蜂の巣があるのかと近寄ってみましたが、蜂とともに見当たりません。

次の日、同じく朝鐘を撞いていると、やはり蜂が山門の屋根あたりで飛んでいます。

IMG_1824

もしかして山門の屋根の中に巣があるのではと思い、近くで観察することにしました。

 

しばらくすると、どこからか飛来した蜂が屋根の中に入っていったのです。

そのまま様子を見ていると、今度は蜂がこの中から飛び去っていく姿を捉え、

ここにスズメバチの巣ができているだろうことを知りました。

 

この山門を多くの方が通ります。

安全管理の点からして、蜂に刺されてしまったお檀家様には申し訳なく思います。

これから駆除作業が行われます。

周囲を飛ぶ蜂にご用心下さい。

IMG_1826

 

もう一点。

墓地の石塔ですが、この時期、線香を供えるところに蜂が巣を作ります。

この場所は蜂にとって好都合なのでしょう。

石塔の線香入れは目線よりも低い位置に作られています。

手を入れた時にチクッと痛み、そこに巣があることを知るケースは少なくありません。

お墓の掃除、お参りの際には気にしておいて下さい。

 

お盆がやってまいります。

と、同時に・・・みなさまご用心下さい。

                  合掌

今月の「言葉の力」

words-201906.png

この食事のひとつひとつは
ここに至るまでにどれほどの
人の手にかけられてきたか

ーいただきますの一声をー

言葉の力一覧

法事・年忌法要早見表

亡くなった年 本年回忌
平成30年 2018年 一周忌
平成29年 2017年 三回忌
平成25年 2013年 七回忌
平成19年 2007年 十三回忌
平成15年 2003年 十七回忌
平成9年 1997年 二十三回忌
平成5年 1993年 二十七回忌
昭和62年 1987年 三十三回忌

真福寺の法事について

厄年早見表

大厄(男性)

  • 24
    平成8年生
    (前厄)
  • 25
    平成7年生
    (本厄)
  • 26
    平成6年生
    (後厄)
  • 41
    昭和54年生
    (前厄)
  • 42
    昭和53年生
    (本厄)
  • 43
    昭和52年生
    (後厄)
  • 60
    昭和35年生
    (前厄)
  • 61
    昭和34年生
    (本厄)
  • 62
    昭和33年生
    (後厄)

大厄(女性)

  • 18
    平成14年生
    (前厄)
  • 19
    平成13年生
    (本厄)
  • 20
    平成12年生
    (後厄)
  • 32
    昭和63年生
    (前厄)
  • 33
    昭和62年生
    (本厄)
  • 34
    昭和61年生
    (後厄)
  • 36
    昭和59年生
    (前厄)
  • 37
    昭和58年生
    (本厄)
  • 38
    昭和57年生
    (後厄)
  • 60
    昭和35年生
    (前厄)
  • 61
    昭和34年生
    (本厄)
  • 62
    昭和33年生
    (後厄)

真福寺の厄除けについて

厄年は「数え年」を基準としています。

↑