本文へジャンプ

寺族日記

花まつりチャリティコンサート

4月8日はお釈迦様がお誕生された日。

2,500年が過ぎた今も、日本の仏教界では伝統行事として花まつりを営みます。

IMG_6745

 

去る4月13日(土)午後6時30分より、

能登半島被災地復興チャリティ花まつりコンサート

~声明とフルート、太極拳にのせて~と題して、

大勢の方にご来寺を賜るなか、盛大にコンサートが開催されました。

 

 

声明とフルートの共演を2曲、声明とウィンドシンセの共演を1曲、

フルート演奏を5曲。

そして、中盤に披露させていただいたのが、新たな調和の世界観に挑戦、

声明とフルートに太極拳演武を交えた演出でした。

 

武術に洋楽器と仏教音楽、すべて異なり、演者それぞれも

これまで生きてきた背景、この道への志もまったく違うわけですが、

めぐり合わせで、一緒にひとつの演出を創り上げようとなりました。

 

異なる者同士ですが、自分の持っている感性を精一杯に高め、

お互いを引き立て、引き寄せあいながら、ご本堂の荘厳のなかに

溶け合い、調和していく姿を最大の魅力にしようと志しました。

 

正直、自分たちには、どんな情景が見えているのかをわかっておりません。

唯一無二の形を、会場の皆様の目にどう映って、どう捉えていただけるのか、

すべてはこの日お越しいただいた皆様のお心にあるのかなと思います。

 

E4708649-

フルート奏者 小口郁子さん(岡谷市)

IMG_6757

揚名時八段錦太極拳師範 土田香里さん(岡谷市)

IMG_6760

声明 小林照宏(副住職)

 

ご来場くださった方からお写真もたくさんいただきました。

有難いことに、お世話になっている地域のお檀家様をはじめとして、

市内からは関心を集めて多くのお仲間をお連れしてくださる方がいたり、

さらに岡谷以外からも伊那や松本、さらにはこのコンサートのためにと

遠く新潟県からお土産をもってお越し下さった方もおられました。

心より感謝申し上げます。

 

 

最後に森山直太朗さんの「さくら」を小口さんのフルートとともに、

会場の皆さんと合掌して幕を閉じました。

久しぶりに大きな声で歌ったと喜んで下さった方もおられ、

心温まる花まつりを会場の皆様とともに過ごせたことを感じ、

とても嬉しく思っております。

 

 

皆様からお預かりした入場料は、お心添えた義援金として、

この先の復興に役立てていただけるよう全額を寄付させていただきます。

1月より集いました義援金と合わせ、99,535円を日本赤十字社を通じて送金し、

被災地の方々に一刻も早く安心が訪れますようご祈念いたします。

 

多くの皆様よりご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございました。

IMG_6754

 

天上天下唯我独尊。

ひとつしかない命、一度しかない人生だからこそ、

ほとけの教えは私たちの心に響くものと思います。

生きるための仏教❞と感じてもらえる場がこれからも大切になります。

                                合掌

 

IMG_6722

花まつりではお釈迦様のご尊像(誕生仏)に甘茶をかけておまいりします。

 

 #15「真福寺 花まつり チャリティコンサート」 @okaya |レポート|トコトコ諏訪 (toco-suwa.com)

岡谷市のマリーさんがコンサートにお越しになり、このたび「トコトコ諏訪」にて

紹介してくださいました。

彼女の素敵なレポートをぜひご覧ください。マリーさん、ありがとう。

 

月別一覧

今月の「言葉の力」

苦難時の楽観は生きる術となり順風での楽観は時に大事を招く

苦と楽
喜と悲
生と滅
互いは近くに存在する

言葉の力一覧

聖観音縁日護摩修行
ととのう写経体験
癒しのおてらヨガ

法事・年忌法要早見表

亡くなった年 本年回忌
令和5年 2023年 一周忌
令和4年 2022年 三回忌
平成30年 2018年 七回忌
平成24年 2012年 十三回忌
平成20年 2008年 十七回忌
平成14年 2002年 二十三回忌
平成10年 1998年 二十七回忌
平成4年 1992年 三十三回忌

真福寺の法事について

厄年早見表

大厄(男性)

  • 24
    平成13年生
    (前厄)
  • 25
    平成12年生
    (本厄)
  • 26
    平成11年生
    (後厄)
  • 41
    昭和59年生
    (前厄)
  • 42
    昭和58年生
    (本厄)
  • 43
    昭和57年生
    (後厄)
  • 60
    昭和40年生
    (前厄)
  • 61
    昭和39年生
    (本厄)
  • 62
    昭和38年生
    (後厄)

大厄(女性)

  • 18
    平成19年生
    (前厄)
  • 19
    平成18年生
    (本厄)
  • 20
    平成17年生
    (後厄)
  • 32
    平成 5年生
    (前厄)
  • 33
    平成 4年生
    (本厄)
  • 34
    平成 3年生
    (後厄)
  • 36
    平成元年生
    (前厄)
  • 37
    昭和63年生
    (本厄)
  • 38
    昭和62年生
    (後厄)
  • 60
    昭和40年生
    (前厄)
  • 61
    昭和39年生
    (本厄)
  • 62
    昭和38年生
    (後厄)

真福寺の厄除けについて

厄年は「数え年」を基準としています。

↑